よくある質問

よくある質問 Q&A

受入れが初めてで不安です。
受入れに当たり、入国の手続きや申請に書類作成等必要なやり取りが数多くありますが、アジア福祉交流協会が全てサポート致しますのでご安心ください。受入れ後の実習実施に関しても、現地語通訳者が常駐していますので、技能実習生及び受入企業様が安心して実習に取組んで頂けるようできる限りの体制を取っています。
どこの国の実習生を受入れできますか?
現在、日本に実習生の滞在者はベトナム・中国・フィリピン・インドネシア・タイ等の国々から来日しています。
アジア福祉交流協会ではベトナム・フィリピンの送出し機関と協定を締結しています。(カンボジアとの協定締結を準備中)
技能実習生の日本語のレベルは?
技能実習生が企業様へ配属される前に、入国前に送出し国にて約4~6か月間、日本語能力試験4級合格レベルの教育と日本での生活習慣・ルール・マナー等の教育を行います。
また、入国後も1か月間、日本語教育・生活習慣等の教育を行い企業様へ配属となります。※介護職に於いては介護に関する教育も併せて行います。
技能実習生を受入れるために準備する事や物は?
  1. 技能実習指導員の配置(受入職種と同一職種の5年以上経験者を実習生5名につき1名以上)
    ※介護職に於いては1名以上は介護福祉士の資格を有する者又はこれと同等の専門的知識及び技術を有すると認められるもの(※看護師等)であること
  2. 生活指導員の配置(要件を満たせば技能実習指導員との兼務可)
  3. 宿舎(電気・ガス・水道・お風呂(シャワー)・トイレ・インターネット等)
    ※1名当り共有部分を含まずに4.5㎡以上を確保する必要があります。
    ※家賃・光熱費等の実費は実習生より徴収可能ですが、上限があります(1.5~2万円、国により異なる)
  4. 自炊用品・家電製品・寝具等
  5. 制服・作業着等
※その他の要件もありますので、詳しくはお問い合わせください。
受入れまでの期間は?
打合せ・面接・入国前教育・入国後教育などの期間が必要です。
企業様より組合に技能実習生の紹介申込を頂いて約7~8か月間とお考え下さい。
受入れられる人数は?
一般の実施者の場合の上限(優良認定を取得できれば、技能実習3号への移行も可能となり、受入れ人数の上限も緩和されます)
事業所の常勤職員数※1 1号 全体 (1号+2号)
1名 1名 1名
2名 1名 2名
3~10名 1名 3名
11~20名 2名 6名
21~30名 3名 9名
31~40名 4名 12名
41~50名 5名 15名
51~100名 6名 18名
101~200名 10名 30名
201~300名 15名 45名
301名~ 常勤職員の1/20 常勤職員の3/20
※1 役員・事務職等、受入れ職種以外の職員は除外されます
その他ご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい
~外国人技能実習生の受け入れお任せ下さい~

協同組合アジア福祉交流協会
- 監理団体許可番号: 許1808000182 -

[本部] 兵庫県姫路市青山西2丁目25番3号
[事務所] 兵庫県姫路市広畑区正門通3丁目4-3 末次ビル2階
TEL. 079-230-1212 FAX. 079-240-8212